• #
  • #
  • #
病院・診察
Home ribon
ribon

去勢・避妊手術について

ワンちゃん、ネコちゃんは、オス、メスともに生後6カ月~8ヵ月で性成熟をむかえます。
交配をお考えの場合は、去勢・避妊手術を行う必要はありませんが、子供を産ませる予定がないのであれば、将来的に起こる可能性のある病気の予防などを考慮し、去勢・避妊手術を検討して頂ければと思います。

一度、当院までご相談いただき、内容を十分に理解したうえで決断していただければと思います。

去勢手術

 手術の内容について

2つある精巣(睾丸)を陰嚢から摘出する手術です。手術をすることによって女の子の発情に対して興奮することがなくなります。ただし、停留精巣(※)の場合、開腹手術が必要となる場合もあります。

※停留精巣
男の子において、精巣(睾丸)が陰嚢内に存在せず、腹腔内や鼠径部(股のあたり)にある状態で、陰睾とも呼ばれています。通常2つある精巣のうち、1つが陰嚢内にない場合を片側陰睾、2つともない場合は両側陰睾といいます。
停留精巣の場合、去勢手術の方法が通常とは異なります。腹腔内に存在する停留精巣では、開腹手術によって精巣を摘出します。
おうちのわんちゃん・ねこちゃんに停留精巣が疑われる場合は、診察時や去勢手術のご予約時にご相談ください。

手術のメリット

前立腺肥大や肛門周囲の腫瘍など男性ホルモンの関与が疑われている病気に関して、ある程度の予防効果があるといわれています。 

手術のデメリット

 手術後、太りやすくなる傾向があります。

 

 避妊手術

手術の内容について

開腹手術により子宮と卵巣を摘出する手術です。手術することによって、生理(発情)がなくなり、妊娠できなくなります。

手術のメリット

子宮蓄膿症や子宮・卵巣腫瘍などの予防になります。また、初回発情前の手術は、乳腺腫瘍の発生率を減少するとも言われています。

手術のデメリット

手術後、太りやすくなる傾向があります。また、ごく稀に女性ホルモンに関連した尿失禁を起こすことがあります。

去勢避妊2 

去勢・避妊手術を受ける際の注意点

手術時期について

生後6ヶ月以上で、健康状態が良好な子が手術適応となります。
女の子で、生理中で発情出血がある場合、手術中の出血量が増加する可能性があるため、生理が終了してからの手術をおすすめしています。 

手術の際の流れについて

手術は完全予約制となります。お電話もしくはご来院にてご相談ください。
手術前日のPM9:00以降の絶食をお願いしております。当日はお水も与えずにAM9:30頃までに来院してください。健康状態の確認と術前検査を行ったうえでお預かりいたします。
当日の予約状況により多少お待たせすることもあります。ご了承ください。

入院について

去勢手術・避妊手術ともに、入院は基本的に必要ありません。
麻酔から醒めて、おうちに帰れるくらいしっかりするまでお預かりし、PM6:00~6:30(日・祝日はPM5:00)頃にお迎えに来ていただきます。(ご希望の場合は1泊まで無料でお預かりいたします。)
ご帰宅後は、エリザベスカラーの着用と、お渡しするお薬を飲んでいただき、約2週間で完治となります。男の子は吸収性の糸で縫合しますので、抜糸の必要はありません。女の子や、男の子でも停留精巣の場合は、術後2週間で抜糸を行います。
手術後は病院からお渡しする”術後の注意”をよく読み、変化がありましたらご連絡ください。

おすすめの記事

新着のお知らせ

新着スタッフブログ

成長記

こんにちは。季節はすっかり春ですが、いかがお過ごしですか?動物看護師 関依子です。 夏に我が家に迎えた保護猫2匹、すくすく成長しています! 白っぽい毛色の猫は、いつの間にか...

病院・診察

fujita

menu
年中無休・お電話は
048 775 3338
トリミング予約
048 779 2233

月〜土:9時半〜12時 / 15時半〜18時半   日・祝:9時半〜12時 / 14〜17時