• #
  • #
  • #
病院・診察
Home ribon
ribon

診察・検査について

当院では、さまざまなペットの病状を検査できるよう院内に様々な検査設備を備えております。
症状が出ていないペットでも事前の検査で早期の対策が可能となります。 ペットの様子が気になる飼い主様は一度ご相談ください。

血液検査

img01
血液検査では、動物の種類や症状によってさまざまですが、「血液凝固異常・炎症・白血病・肝臓障害・アレルギー・ホルモン異常」などといった動物の状態や臓器の機能などが調べられます。
ときには大きな病気の早期発見にもつながりますので、検診やワクチン接種の際に一緒に検査されるのをおすすめします。

検査機器のご紹介

<全自動血球計算機>
血液中の白血球、赤血球、血小板などの細胞成分を検査します。

血球検査

<血液生化学検査機器>
血液から電解質や内臓の状態を把握するための成分の測定を行います。

生化学2

<血液凝固系検査機器>
血液中の凝固成分(出血の止まりやすさ)を測定します。

凝固系

<CRP検査機器>
血液中の成分から、体内で炎症が起こっているかを測定します。

CRP 2

 

レントゲン検査

img02
レントゲン検査では、動物に痛みを伴わずに体内の臓器の形状や状態などを知ることができます。
また、骨の異常などを判断するのに優れているため、骨折などの検査によく使用されます。

検査機器のご紹介

<レントゲン検査機>
レントゲンは体内の臓器の状態や骨の形態を画像として描写することが出来ます。当院ではDR装置を導入し、スムーズで動物に負担の少ない検査を心がけています。

レントゲン室

超音波検査

超音波検査は、体内の臓器内部まで調べることができ、レントゲン検査と合わせて行うことで動物の状態をより一層理解することができます。
また、心臓の動きを診ることにも優れており、心臓機能を調べるためにも使われています。

 検査機器のご紹介

<超音波検査機器>
超音波検査は体を傷つけたりすることなく、体内の臓器の状態や臓器の動きを調べることが出来ます。

超音波Aplio-MX

内視鏡検査

内視鏡検査は、小型の高性能カメラを消化管内に挿入することで、レントゲン検査や超音波検査ではわかりにくい、胃や腸管内部の状態の観察に有用な検査です。内視鏡検査では消化管内の観察だけではなく、専用の器具を用いることで組織生検(組織の一部を採取し、病理検査を行うこと)が可能であり、病気の診断に役立ちます。

また、消化管内異物が疑われる場合、異物の大きさや形状によっては、内視鏡を用いた摘出が可能です。開腹手術による摘出に比べると、動物の身体への負担が少ないという点で優れています。

内視鏡

内視鏡検査ご希望の方へ
  • 内視鏡検査は、原則として事前のご予約が必要になります。
  • 動物の内視鏡検査は、全身麻酔下で行います。血液検査等で全身状態の把握をし、 手術時と同様の麻酔管理の下で実施します。また、消化管内を観察するため、検査前に絶食が必要になります。担当獣医師の指示に従ってください。
  • 内視鏡検査を行った場合、基本的には当日のお帰りが可能です。

眼科検査

眼科検査では涙の量や眼圧などを計測したり、眼の表面や内部の状態を確認することで眼に異常が起きていないかを調べることができます。

検査機器のご紹介

<細隙灯(スリットランプ)>
眼の表面や内部を観察し、角膜や水晶体などの病気の診断に用います。

<眼底カメラ>
眼底(眼球内部)の網膜や血管を観察します。

<眼圧計>
眼圧を測定し緑内障の診断などに用います。

<隅角鏡>
眼房水の出口である隅角を観察し、緑内障の診断や早期診断に用います。

眼底カメラ1細隙灯眼圧計

 

 

DOG・ドック、CAT・ドック

DOG・ドック、CAT・ドックはワンちゃんネコちゃんの健康診断です。ワンちゃんやネコちゃんは自分で体の異常を伝えることができません。そして通常では健康にみえていても、検査を行うことで体の異常がわかることがあります。人間と同様に動物も定期的な健康診断をすることで早期の病気予防をすることが可能になります。

Dogドック

 検査項目

■Aコース(基本コース)

  • 一般身体検査(視診、聴診、触診、打診)
  • 一般神経学的検査
  • 眼科検査
  • 歯科検診
  • 血液検査(血球検査、血液生化学検査)
  • レントゲン検査(胸部・腹部)
  • 腹部超音波検査
  • 尿検査
  • 糞便検査
  • 体脂肪測定
  • 血圧・心電図
  • 耳のお掃除・消毒
  • 爪切り・肛門腺しぼり

■Bコース(高齢ドック) ※7歳以上の大型犬・猫ちゃんにお勧めです。
Aコースに下記検査を追加

  • T4測定
  • 眼底検査
  • 尿蛋白/クレアチニン比

■Cコース  ※眼科疾患好発種(短頭種、柴、ミニチュア・ダックス、コッカースパニエルなど)にお勧めです。
Aコースに眼科検査を追加

  • シルマーテスト
  • 眼底検査
  • フルオレセイン染色試験
  • 涙液膜破壊時間(BUT)
  • 細隙灯試験
  • 隅角試験
  • 眼圧測定

■Dコース  ※心疾患になりやすい高齢小型犬・猫ちゃんにお勧めです。
Aコースに心エコーを追加

  • 心臓超音波検査

料金

■Aコース(基本コース)    30,000円
■Bコース           36,000円
■Cコース           33,000円
■Dコース           34,000円

大型犬(15Kg以上)では、レントゲンサイズの都合上、追加料金が4,000円かかります。
耳の治療を行った場合、別途費用がかかります。
その他、追加検査も可能です。
・猫エイズ/猫白血病検査 +6,000円
・フィラリア検査     +1,500円  など

DOGドック・CATドックの注意事項 ※2016年8月 一部変更点あり

  • Dogドック・Catドックでは、予約制(基本的には平日のみの予約)となっております。
  • 当日朝絶食の上、ご来院下さい。
  • 一日お預かりし、検査いたします。
  • 検査結果は後日書面にて郵送いたします。
  • 平日の検査では、10%OFFになります。

 

おすすめの記事

新着のお知らせ

新着スタッフブログ

成長記

こんにちは。季節はすっかり春ですが、いかがお過ごしですか?動物看護師 関依子です。 夏に我が家に迎えた保護猫2匹、すくすく成長しています! 白っぽい毛色の猫は、いつの間にか...

病院・診察

fujita

menu
年中無休・お電話は
048 775 3338
トリミング予約
048 779 2233

月〜土:9時半〜12時 / 15時半〜18時半   日・祝:9時半〜12時 / 14〜17時