• #
  • #
  • #
病院・診察
Home ribon
ribon

手術と流れについて

人間と同じように動物においても、病気によっては注射や内服薬のみでは治療が難しく、手術が必要となる場合があります。また、去勢手術や避妊手術などを行うことで病気の予防などメリットのある手術もあります。
当院では、標準的な手術から比較的難易度の高い手術まで、症例に合わせた様々な手術に対応しています。
症例の状態や手術内容により、当院での手術が難しいと判断した場合には、大学病院や専門病院などをご紹介することがあります。

手術の流れ

実際の手術の流れをご理解いただくために、お預かりから退院までの流れをご説明いたします。

STEP1 ご予約

手術は原則として、事前のご予約が必要となります。去勢・避妊手術など、健康上問題がないと考えられる動物の手術の場合、手術当日に術前検査を行うことも可能です。お電話にてご確認下さい。
なお、緊急を要する手術については、可能な限り対応いたしております。

STEP2 術前検査

 手術を行うにあたり、動物の状態を確認するために術前検査を行います。
一般身体検査のほ
か、動物の年齢、症状、手術の種類などに応じて、血液検査やレントゲン検査、超音波検査などを行います。検査の結果によっては、手術を中止または延期する場合があります。

STEP3 手術の説明・お預かり

術前検査の結果をふまえ、実際の手術における手術方法や麻酔のリスク、術後合併症の可能性などについてご説明いたします。
獣医師の説明で、ご不明な点やご心配な点などがありましたらご質問ください。ご理解いただければ、動物をお預かりして手術の準備に入ります。

STEP4 手術の準備

お預かり後、手術に向けて、動物の毛刈り、点滴のための血管確保、鎮静薬等の準備などを行います。動物の状態によっては、手術の数日前から持続点滴を行う場合もあります。

STEP5 麻酔・手術

動物の手術は基本的に、全身麻酔下で行います。麻酔は動物の年齢、状態、手術の種類に応じて、適切な麻酔薬、麻酔量で行います。近年では、動物の麻酔に関する研究が進み、麻酔の安全性も高くなりました。しかしながら、全身麻酔をかける以上、100%安全だと言い切ることは出来ません。麻酔によるリスクを最小限にするため、術前検査に加え、手術中も動物の状態を随時モニターし、緊急の場合に備えています。また当院では、麻酔の一環として、術中・術後の鎮痛にも力をいれています。動物は痛みがあっても言葉で表現することができません。また、多くの動物は痛みを感じていても、我慢をしてしまい、行動などで示さないといわれています。わたしたちは、積極的な鎮痛管理を行うことにより、動物のストレスを最小限にしたいと考えています。手術では内容に応じて、様々な器具、機器を用います。超音波メスや電気メス等を用いることにより、出血のコントロールや手術時間の短縮が可能になり、手術リスクの軽減につながります。

手術の流れ2

STEP6  術後管理・入院

手術後は必要に応じて、持続点滴や、抗生剤や鎮痛薬の投与を行います。状態によっては、ICUにて保温や酸素吸入を行い、緊急の場合に備えます。
また、手術の内容や動物の回復具合により、入院が必要となります。動物にかかるストレスを考え、入院期間は極力短くしたいと考えておりますが、ご自宅でのケアをご心配される場合には、オーナー様とご相談のうえで入院期間を決定します。

 

おすすめの記事

新着のお知らせ

新着スタッフブログ

表題

成長記

こんにちは。季節はすっかり春ですが、いかがお過ごしですか?動物看護師 関依子です。 夏に我が家に迎えた保護猫2匹、すくすく成長しています! 白っぽい毛色の猫は、いつの間にか...

薬局 2017 新調

ちょっとした変化

まだまだ寒い日が多く、暖かい春が待ち遠しい毎日ですね。 ❞春❝というと環境の変化や新しい出会いなども多く、ワクワクした気持ちになります♪ フジタ動物病院でも、新年度に向けて...

病院・診察

fujita

menu
年中無休・お電話は
048 775 3338
トリミング予約
048 779 2233

月〜土:9時半〜12時 / 15時半〜18時半   日・祝:9時半〜12時 / 14〜17時